まつげエクステ商材を扱う通販サイト活用ガイド

施術の質や集客を左右するまつげエクステ商材情報局

HOME » ★【特集】スキルアップが見込めるアイリスト資格一覧

★【特集】スキルアップが見込めるアイリスト資格一覧

まつげエクステの施術に必須なアイリストの資格や役立つ資格について紹介しています。

アイリストになるには?とっておきたい資格一覧

まつげエクステを施術する人をアイリストと呼びます。アイリストとは、まつげエクステのほかにまつげカールやまつげカラーなどを行なう専門技術者のことです。

まつげエクステンションは、日本に紹介されるとたちまち流行しましたが、施術を行なうためのルールが整備されていなかったため、さまざまな問題が起きました。

現在は厚生労働省による「まつ毛エクステンションによる危険防止の徹底について」という通達によって、美容師免許を持っていないと施術を行なうことができなくなっています。

スキルアップに欠かせない民間資格

ただ、髪の毛を専門にしている美容師がいきなりアイリストとしての施術を行なうのは難しいのが実情です。アイリストとしての技術は、やはりきちんと勉強する必要があります。

そこで登場したのが以下のような民間のアイリスト検定資格です。

  • JLA技能検定(日本まつげエクステンション協会)
  • JEAアイリスト技能検定(日本アイリスト協会)
  • アイラッシュリスト技能検定(日本まつげ美容協会JEBA)
  • レベルチェックテスト(JWA日本ウィングエクステンション協会)
  • 松風公認エデュケーター(アイコスメ 松風)
  • 松風公認インストラクター(アイコスメ 松風)

認知度が高いのは「JLA技能検定」や「JEAアイリスト技能検定」ですが、おすすめは「松風公認エデュケーター」です。

アイコスメ 松風は商材国内売上No.1のメーカーです。つまり、プロのアイリストにもっとも支持されているメーカーともいえます。

そんなアイコスメ 松風がまつげエクステの正しい知識の普及のために設けているのが、「松風公認エデュケーター」。資格取得後はアイリストとして活躍が目指せるほか、教育のプロとしてスクールの経営までもが目指せるものです。

教育関連に進みたい方は「松風公認インストラクター」と合わせて取得するとさらにいいでしょう。

>>「松風公認インストラクター」についてもっと詳しく